切開と埋没の違いを知る

看護師

自分の都合にあった施術

二重にするために美容クリニックを利用するには、まず埋没法と切開法と呼ばれている二つの施術の違いを把握する必要があります。これはおおまかにいうとメスなどで切ってしまうか、それとも切らないかの違いとなっており、どちらも一長一短となっているのです。基本的に行うべきは埋没法と呼ばれる切らない施術で、これをまず受けることから二重整形は始まるといっても過言ではありません。埋没法はただ糸で縫って二重に見せかけるというものなので、抜糸すると簡単に元の状態に戻ってしまいます。これをデメリットと考えることは初心者特有の間違いであり、元の状態に戻せるという美容クリニックの施術の中でもかなり大きなメリットといえるのです。切開法は切って二重に仕上げてしまうわけですが、これは結果に不満が残ったとしても戻すことはできない施術となっています。なので最初は埋没法で試しに二重にしてみて、それがいいのであれば改めて切開法で施術してもらうのが確実で安心できるやり方なのです。施術の選び方としてはこういった順番となっているので、慌てて切開法を選んでしまうようなことはやめましょう。二重にする施術の目的はもちろん二重にすることですが、もっと具体的に言えば美しい二重にするのが目的となっています。同じことだと考えてしまいがちですがその意味は全く異なり、ただ二重にしたいばかりに施術後の状態をくっきりとしすぎることが多いのです。目に見えて結果が得られると満足度は高いですが、結局それは本来の目的と離れており、しばらくたってから後悔することになります。なぜ自分は施術を始めるのかをよく考えて、納得できる結果を得るためにプランはしっかりと吟味していきましょう。美容クリニックではどういったプランで施術していくか、どの程度の結果を出すかを決めるためにカウンセリングをしつこくやります。面倒に感じてしまいがちですが、非常に重要なのがカウンセリングなので、うまく活用してより良い結果にしていくように努力しましょう。昔ながらのやり方は切開法ですが、今は糸の製造技術が上がっているため埋没法も見栄え良く、かなり長く持たせられるようになっています。式典などに参加するときだけ二重になればいい場合は埋没法で十分なので、そのあたりも考えて施術を選びましょう。

Copyright© 2018 カンタンに二重を実現させる方法【半永久的な効果を得る】 All Rights Reserved.